話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index MusicPlayer >> space
space space
space
space
space
space
June 9, 2005 space
   space
space

ビクター「XA-AL55」アームレスヘッドホンにメモリープレーヤーをビルト・イン

space

ビクターから耳掛け式ヘッドフォンにフラッシュメモリプレーヤーを内蔵した「XA-AL55」が6月下旬に発売されます。以前ソニーが発売して以来のヘッドホン型音楽プレーヤーです。

top_xa-al55.jpg
 
space

 
al55_img03.jpg
 アームレスの耳掛け式ヘッドフォンに、256MBのフラッシュメモリプレーヤーの機能を内蔵したモデル。外形寸法は45×26×52mm(幅×奥行き×高さ)。電源は単4電池1本で、電池を含む重量は約57g。連続再生時間は約19時間(MP3 44.1kHz/128kbps)。

 ヘッドフォンユニットは30mm径。ドライバーにはネオジウムマグネットを採用。また、18bitΣΔ D/Aコンバータを内蔵しており、ディティールの表現力が高い、高音質再生が行なえるという。アンプ部の最大出力は5mW×2ch(32Ω)。

al55_img02.jpg

 
<主な特長>
1.小型・軽量のアームレスヘッドホンにメモリープレーヤーを内蔵

 
 アウトドアヘッドホンの主流になっているアームレスヘッドホンにメモリーオーディオプレーヤーを内蔵するとともに小型・軽量化(約57g)を実現。耳に装着するだけで軽快にかつ、スタイリッシュに音楽を楽しめます。

2.大口径30mmネオジウムユニットと18bit Σ D/Aコンバーター※1による高音質再生
 
 ヘッドホンユニットには大口径30mmの高磁力ネオジウムマグネット使用のドライバーユニットを採用。18bit Σ(シグマデルタ) D/Aコンバーターによる信号処理と合わせて、デジタルサウンドを高音質で再生します。

※1: 18bit Σ D/A コンバーター:18 ビット処理により、デジタルからアナログへ変換する際にディティール表現を高めたコンバーター。

3.“SRS WOW”技術と4つのプリセットイコライザーにより効果的な音場再生を実現
 
 音楽ジャンルやソースに合わせて、臨場感あふれるサラウンド再生を実現する“SRS WOW”※2を搭載。さらに、4 つのプリセットイコライザー(クラシック、ライブ、ポップス、ロック)により、ソースに合わせて効果的な音場再生を楽しめます。

※2: SRS WOW(エスアールエスワウ):SRS Labs,Inc 社のサラウンド再生技術で、自然な立体音場感や豊かな低音、輪郭のはっきりとしたクリアーなサウンドを再生します。

4.ボタン操作を音声で知らせる“音声ガイド”搭載
 
 ボタンの操作に対するリアクションを音声で確認できるので、耳に装着したままで簡単に様々なボタン操作ができます。

5.選べる4カラーバリエーション
 
 
価格はオープンプライスで、店頭予想価格は18,000円前後の見込み。メモリ容量は256MBで、カラーリングはブラック(-B)、ホワイト(-W)、シルバー(-S)、メタリックレッド(-R)の4色を用意する。 
 
 
 メモリーオーディオプレーヤー
 

space
HOMENews BlogsMusicPlayer | June 9, 2005 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> D901iS NTTドコモ FOMA新端末10日から発売開始 >> 

D901iSが、なんとよい意味で予想を裏切り、6月10日から発売されます。P端末と似たワンプッシュオープンボタンを装備して使い勝手を向上させスライド機構がさらに進化した端末に仕...»この話題を見る…


  Previous << IE6 タブブラウザ機能搭載 & MSN Search Toolbarでやっと・・ << 

マイクロソフトが8日に公開したこの「MSN Search Toolbar」で、IE 6でも複数のウェブページを1つのウインドウ内で開けるタブブラウズ機能をひっそりと何のアナウン... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP