話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index CarMotorcycleEcology >> space
space space
space
space
space
space
December 26, 2007 space
   space
space

メルセデス 先進ディーゼルエンジン CDIは黒煙を全く出さない

space

メルセデス 先進ディーゼルエンジン CDIは、ディーゼル車のイメージを悪くしていた黒煙を全く出さない。このディーゼル車の宣伝では「排気口にかざしたハンカチは、まっ白なままでした。」と押し付けたマフラーの跡が付いた純白のハンカチが一緒にプロモーションで使われている。これによりディーゼルエンジンの悪のイメージをなくし、排出ガスは無臭=クリーンな次世代ディーゼル車を選ぶ人のイメージも変え始めている。
 

cdi_301.jpg

space

 
 メルセデス・ベンツ日本が発売した新型ディーゼルエンジン搭載の「メルセデス・ベンツE320CDIアバンギャルド」が、2007年に新しく新モデルが投入された「Cクラス」があっても、ディーゼル搭載車が売れている。
 
 
 メルセデスを選ぶユーザーは、車に乗る=自分のステータスでありライフスタイルを表現するために、エコだけではなく先進的な時代のリーダーとして、購入者は知識層、エグゼクティブとしての代表とユーザーの意識改革にも成功している。
 

cdi_302.jpg

 
 新生代ディーゼルエンジンCDI(コモンレールダイレクトインジェクション)搭載のエンジンは、V6‐3ℓでガソリン5ℓに匹敵するトルクと、2ℓクラスの低燃費。特に日本においてはガソリンに比べて低く設定されている税制により軽油燃料は圧倒的なランニングコストと低燃費により無給油で1000舛鯆兇┐訌行も可能です。
 
 
 「ヨーロッパでは、高級車ほど、それに環境意識の高い人ほど、ディーゼルエンジンを選んでいる。」エクゼクティブは、ディーゼル車の環境負荷の軽さに理解を示す=理解している人が多い。そんなイメージ戦略が先行するが、時代のリーダーもそれを理解し自分なりに体現する手段として、ディーゼル車の購入を選んでいるのではないだろうか。
 
cdi_303.jpg

 
 最新のモデルでは、エンジンの仕様を変えてNOxの排出量を従来より半減している。しかも走行1キロメートルあたり0.14グラムを実現するなど、まだまだディーゼルエンジンも進化し続けている。しかも最新技術を使い、排ガスを循環・冷却してNOxを減らすEGRクーラーの冷却機能を強化して、走行時の高温燃焼時に出るNOxを減らしている。
 
 
 価格はセダンが848万円、ステーションワゴンが886万円。
 
 

space
HOMENews BlogsCarMotorcycle Ecology | December 26, 2007 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> スパイの装備みたいな「AD-HSM10」重さ5g小型Bluetoothヘッドセット >> 

Bluetoothヘッドセット「AD-HSM10」は、耳に入ってしまう程の小型Bluetoothヘッドセットです。最近見た映画「ナショナルとトレジャー2ナショナル・トレジャー2...»この話題を見る…


  Previous << パスネット廃止…パスモに押され来年3月14日で << 

首都圏の私鉄、バスなどが加盟するパスネット協議会は21日、磁気方式のプリペイドカード「パスネット」を来年3月14日で廃止して、改札機で使えなくすると発表しました。バスカードはど... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP