話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index TOPICS >> space
space space
space
space
space
space
August 31, 2008 space
   space
space

ゲリラ豪雨でずぶ濡れ…でも台風は来ない…

space

今年の異常気象は本当にまいりました。一昨日のゲリラ豪雨に遭遇してしまいずぶ濡れです。台風なら前もっていつ来るか予想されているので心構えとか出来るんですが、ゲリラ豪雨(集中豪雨)はどうしようもありません。平年なら台風の発生が最も多い時期なんですが、今夏は日本列島への台風上陸はゼロ。このまま8月中(今日中!)に上陸がないと、02年以来6年ぶりとなるそうです。
 

wether_0808301835.jpg

space

 

wether_0808301836.jpg 気象庁によると、猛烈な集中豪雨の原因は、空気が時計回りに流れ出す高気圧と、反時計回りに流れ込む低気圧の境目で、2つの空気の流れが一致し、ちょうど東海、関東地方に向けて南の海上から湿った空気が継続して流れ込む状況になった。このルートに沿って積乱雲が次々と生まれ、激しい雨が長時間続いたとみられる。
 
 日本の南海上に大きな低気圧、東海上に太平洋高気圧が停滞しており、その間に温かく湿った空気が流れ込む“道”が出来ている。この大気の道に向かって日本の南海上から入り込んだ湿った空気がある地域だけに集まり、大気の状況が不安定になったのが要因とみられるという。こうした気圧配置は太平洋高気圧の張り出しが弱まる夏の終わりごろに生じやすく、今月上旬に各地で起きたゲリラ豪雨よりも、総雨量は多くなる。
 
 四国ではダムの生活用水貯水率0%
 
 国土交通省四国地方整備局は31日、香川、徳島両県に水道水などを供給している早明浦ダム(高知県)で、生活用水向けの貯水率が0%になったと発表した。
 
 水力発電用としてダムにためている水約2600万トンの緊急放流を始めた。
 
 7月からの少雨が原因で、生活用水の貯水率が「ゼロ」になるのは3年ぶり。緊急放流で11月中旬まで、断水は回避される見通しとしている。
 
 
 都市部で目立つ水害
 
wether_0808301833.jpg 例年でも台風やその前後に被害をもたらした集中豪雨による災害はありますが、今年のゲリラ豪雨と呼ばれる雨は都市部での水害が目立っている。
 
 気象庁は、全国に設置しているアメダス(地域気象観測システム)や気象レーダーで、雲の流れや気温、降雨量などの気象情報を把握。これらのデータをコンピューターで計算し、予報を発しているが、現在は約25キロ四方の大気の動きしかつかめないという。
 
 このゲリラ豪雨発生のメカニズムは十分には解明されていないが、都市部のヒートアイランド現象や高層ビルなどの構造物などが大気に影響を与えているのではないかという専門家の指摘もある。各地を襲った急な大雨は、30度を超える気温の上昇に伴い大気の状態が不安定になり、積乱雲が所々で発達して大雨を降らせた。自然災害とは言えない人間が造り出した環境変化が影響していると言われている。
 
 都市部では地表がコンクリートやアスファルトに覆われている部分が多いほか、排水施設も備わっているため、雨水が土中に染み込まず、一気に河川に流れ込む仕組みになっている。このため、集中豪雨の雨が河川に集中。許容量を超えて、決壊や鉄砲水などが起きやすいとされる。

 また、都市部で河川の決壊部分などがなかったとしても、上流域から流れ込んだ雨水によって下流域で被害が起こる場合も想定されるなど、人工的な自然環境の操作の限界が見えてきているのかもしれない。
 

 地下神殿(調節池を建設)
 
 国は埼玉県春日部市で2年前、地下水路「首都圏外郭放水路」(全長6・3キロ)を完成させた。近くを流れる河川から雨水があふれ出そうになれば5カ所から水を取り込み、江戸川に流すようになった。神殿のような巨大な柱が並ぶ地下水路は、首都圏を水害から守る「守護神」となっている
 
t_img_main04.jpg

 
 東京都は1時間50ミリの雨量に対応できるよう、河川の幅を広げる治水工事を進めている。今年度、水害対策に約640億円の予算を投入、中野区から杉並区にまたがる環状7号線の地下約40メートルでは、25メートルプール1800杯分の雨水を取り込む調節池を建設、今春、全体の施設が完成した。
 
main1_3c.jpg

 
 全長4・5キロ。直径12・5メートルで、5階建てビルがすっぽり入る大きさで、西は井の頭公園、東は隅田川まで、都心を横断する約25キロの神田川水系の河川から雨水を流し、突然の豪雨に襲われたときに水位を下げるのが役割を担う。
 
main1_1e.jpg

 
 都営地下鉄大江戸線の麻布十番駅(港区)近くを流れる古川では今年度中に、地下約30メートルに13・5万トンの雨水を一時的に貯める調節池の準備工事を始める。

 
 ゲリラ豪雨
 
 近年の集中豪雨には、
(1)降雨の範囲が大変に局所的である
(2)降雨時間が短い
(3)単位時間当たりの降雨量が多い
 といった特徴がある。
 
 このようなごく限られた範囲に集中して一度に降る降雨を都市型のゲリラ降雨と言われており、1時間に100mmを超えるような集中豪雨の件数も最近になって増加している。発生原因ははっきり解明されていないが、ヒートアイランド現象も要因の一つといわれている。
 
 地下街、地下鉄、ライフラインなど地下空間が高度利用されている大都市において、このような降雨によりひとたび浸水が発生すれば、生命・財産はもとより、経済に与える影響が大きく、都市機能が完全に麻痺することとなる。(都市型水害)
 
 
 ■予測不能
 
wether_0808301834.jpg 2008年8月5日には、東京都豊島区の下水道で工事中の作業員5人が大雨による増水に流されて犠牲になった。足立区では豪雨による道路の陥没で重傷者も出た。
 
 「下水道に予想を上回る早さで大量の雨水がラッシュアワーのように流れ込んだのが原因。腰の高さまで水かさが上がると、逃げきれない」と指摘すされている。
 
 平成11年6月には1時間77个箸いΨ磴靴けのため、JR博多駅周辺が浸水し、JRや地下鉄の運休、ビル地下街では逃げ遅れた従業員が死亡する水害が発生している。また,平成12年9月の名古屋市周辺では時間雨量100个記録され、50万人に避難勧告、死者9名、浸水家屋7万戸、被害額8,700億円という激甚な災害となった。
 
 この時の雨は下水道計画で想定していた規模を超えるものであったが、都市機能が集積した大都市を襲ったことで、水害の脅威を改めて認識させ、大都市における浸水対策に多くの課題を残した。

 

space
HOMENews BlogsTOPICS | August 31, 2008 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> 錦織圭 全米オープン4回戦進出。遂に16強入り! >> 

テニス四大大会の今季最終戦、全米オープン第6日目は30日、ニューヨークのナショナル・テニスセンター(ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)で、男子シングルス3回戦...»この話題を見る…


  Previous << 迷子のペット電波で探すシステム 総務省が解禁! << 

犬や猫の首輪などに超小型無線発信器を組み込んで、迷子になったペットを無線で捜索ができるようにする、電波探知機で居場所を探せるシステムを総務省が解禁する。9月に電波法の関係省令を... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP