話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index TOPICS >> space
space space
space
space
space
space
May 1, 2007 space
   space
space

ベーリング海峡に夢のトンネル ロンドンからモスクワ経由でワシントンへ、鉄道で大陸間横断可能に!

space

ロシア政府が、過去何度も構想が持ち上がり、その度に消えていたベーリング海峡両岸と米国アラスカ州をロシア極東チュコト半島を結ぶ全長102キロの海底トンネル構想が、再び動き出すと発表しました。両大陸にまたがる六千舛傍擇崚監察高速道路、石油・ガスパイプライン・送電幹線を建設する構想です。
 
このトンネルが開通すれば、ロンドンからモスクワ経由でワシントンへ、鉄道で移動することも可能になる夢の大陸間横断が実現します。。。
 

rossia_us_tonnel.jpg

space

 
 この世界最長となるトンネルの総建設費用は550億ドルから670億ドル(約6兆6000億円から8兆400億円)とされる巨大プロジェクトで、ロシアは米、カナダ両政府に来週中にも同構想を正式に伝達し、実現への協力を要請する。
 
 
 このプロジェクトを発表したのは、ロシア経済発展通商省生産力研究委員会のラズベギン副委員長。東シベリアのヤクーツクを起点にオホーツク海に面するマガダン、アナディリを経由しアラスカのフェアバンクスを結ぶ計画だ。ヤクーツク、フェアバンクスで、それぞれ既存の交通網と連結される。
 
 
 同プロジェクトでは、海底トンネルはベーリング海峡が最も狭くなるチュコト半島のデジニョフ岬と、アラスカのプリンス・オブ・ウェールズ岬間(幅約64キロ)に建設。トンネルは3区間に分かれ、両岬からほぼ等距離にあるダイオミード諸島のロシア領ラトマノフ島と、米領小ダイオミード島でそれぞれ地上に出る。
 
 
 トンネル三区間全体としての長さは、青函トンネル(全長53・9キロ)の約2倍で、トンネル部分の建設費は100億ドルから120億ドル(約1兆2000億円から1兆4400億円)。計画が成功すれば、ドーバー海峡を結ぶ英仏海峡トンネル(約50キロ)を抜いて、世界最長109キロの海底トンネルになる。予想総工費は650億ドル(約7兆7000億円)。開通まで、20年がかかる見通し。
 

rossia_us_tonnel01.jpg

 
 同プロジェクトの実現により、経済的立ち遅れが目立つ極東・東シベリアを横断し、北米大陸へ直接アクセスするルートが開かれる。ロシア政府は極東・東シベリアの石油・天然ガスなどの天然資源開発を加速させ、同地域発展の起爆剤としたい考え。
 
 
 また、現在は海路が90%を占める北米・アジア間の貨物輸送を取り込み、年間7000万トンの貨物輸送を行う意向だ。ラズベギン氏は「輸送にかかる日数を2週間以上短縮するだけでなく、天候に左右されない安定した貨物輸送が可能となる」と強調している。
 
 
 しかし、トンネル計画が実施可能かどうかの事前調査には、約1億2000万ドル(約142億円)をかけ、2年間が必要だとなっており、実際にトンネルが開通するのは、約30年後になるという。
 
 
 各国のトンネル建造推進者ら24日、モスクワで会合を開き、トンネル計画の着手に向け、6月にドイツで開かれる主要国首脳会議(G8)で、各国政府にトンネル建造着手に向け、強く働き掛けていく方針を決めた。会合で採択した声明では、ロシアと米国のほか、日本、中国、欧州連合(EU)諸国が協力を表明している。今後、各地域で政府に働き掛け、計画実現を目指す。
 
 

space
HOMENews BlogsTOPICS | May 1, 2007 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> Twitter ミニブログが次メディア!今何している!?ブログやSNSはもう古い? >> 

いま何してりゅ?と気軽に知らせることのできる、ミニブログ「Twitter」が話題になっています。これからブログやSNSって思っている人、ちょい待ち!ミニブログが今後個人と企業の...»この話題を見る…


  Previous << Sony Ericsson W880i ウォークマン携帯を日本で使いたい!その秀逸なデザインと機能に惚れた。 << 

Sony Ericson W880i を見て一目惚れしました。厚さ9.4ミリ噂では夏にKDDI/auで発売になるソニエリ「W52S」になる?とも言われていますが、talby「タ... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP