話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index History >> space
space space
space
space
space
space
April 23, 2010 space
   space
space

かぐや姫は「赫夜姫」月に帰るのに富士山に登った?

space

竹取物語の主人公、かぐや姫は使者に迎えられて月へ向かったのではなく、富士山に登ったぁ。。。各地のかぐや姫にまつわる伝説の中でも、富士市説では、「かぐや姫が富士山に登る物語」が伝わっていたが、その伝説の根拠となる資料「富士山大縁起」が地元で見つかり、富士市立博物館(同市伝法)で開催中の企画展「富士山縁起の世界」で公開されている。
 

kaguya_history201004230a.jpg

 

space

 
 この文書は、富士市の今泉の日吉浅間神社(六所芳和宮司)の蔵に保存されていた「富士山大縁起」。約4万点に上る六所家旧蔵資料の寄贈を受けた同館が調査中に見つけた。六所家は明治初めまでは寺院「東泉院」だった。正別当(僧職者)が848年、原本から書き写したものを1546年に正別当が見つけ、書写した。かぐや姫は「赫夜姫」とある。
 

plan2203130516-s.jpgこの文書での伝説の大意は、「全国できさき探しをしていた桓武天皇の使者が姫と対面、きさき候補に勝手に決めてしまう。姫は望まず、世の中と隔絶し、富士山の洞くつに入ると老夫婦に告げ、かぐや姫は「浅間大菩薩」という神になった」と記されていた。
 
当時の富士山は霊山として深い信仰の対象となっていた。今回の企画展では、富士山や富士山信仰に関する寺社の由来や伝説を記した書物を「富士山縁起」と位置づけて、計77点を紹介している。
 
富士市立博物館の大高康正学芸員は「かぐや姫が富士山に登る物語は金沢文庫(横浜市)の資料にあるが、伝説の基になる文献が地元で確認された意義は大きい」と話している。
 
富士市立博物館「富士山縁起の世界」企画展は5月16日まで(月曜休館)。学術的な論考などを書いた図録を800円で販売。観覧料は大人100円、小中学生は50円。
 
富士山縁起の世界−赫夜姫(かぐやひめ)・愛鷹(あしたか)・犬飼(いぬかい)−
平成22年3月13日(土)〜5月16日(日)

 
富士山縁起とは、富士山や富士山信仰に関する縁起・霊験譚をまとめて編集した縁起書の総称です。制作された場所や内容によって、村山修験系統(富士宮市)、下方五社系統(富士市)、富士山本宮浅間大社系統(富士宮市)、駿府浅間神社系統(静岡市)など、様々な内容をもった諸本が知られています。
 
富士市は赫夜姫(かぐやひめ)の物語の舞台として、現在まで語り継がれてきた場所のひとつですが、富士市の赫夜姫伝説の大きな特徴は、富士山信仰と密接に絡み合って伝えられてきたことにあります。
 
今回の企画展では、富士市に伝わる赫夜姫の物語を富士山縁起を通じて紹介いたします。また、様々な諸本が伝えられている富士山縁起の世界を一堂に会し、比較・検討する機会といたします。
 
富士山縁起の世界は多彩です。皆様もこの機会に昔話の世界へタイムスリップしてみてはいかがですか。
 
 ■富士市立博物館
 

 

space
HOMENews BlogsHistory | April 23, 2010 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> ソニー世界初3.5インチフロッピーディスクの販売来年3月末終了 >> 

ソニーが、世界で始めて商品化した、3.5インチフロッピーディスクを、来年3月末で国内販売終了することを発表しました。そう言えばここ数年フロッピーディスクは全く使うこともなかった...»この話題を見る…


  Previous << やっと!ドコモ「F-04B」用モバイルプロジェクター88槌売 << 

やっと発売されますね。NTTドコモが発売を予告していた、富士通製FOMA端末「F-04B」向けの小型モバイルプロジェクター「プロジェクターユニット F01」が4月30日に発売さ... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP