話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index WILLCOM >> space
space space
space
space
space
space
January 27, 2006 space
   space
space

ウィルコム、高度化PHS規格「W-OAM」発表

space

ウィルコムは、高度化PHS規格「W-OAM(WILLCOM Optimized Adaptive Modulation)」を発表した。同規格に対応したデータ通信カードとして、2月中にPCカード型の「AX520N」とCFカード型の「AX420N」(いずれもNECインフロンティア製)、3月中旬にCFカード型の「AX420S」(セイコーインスツル製)が発売される。

space

 
 「AX520N」は最大408kbps(8xパケット通信時)、「AX420N」と「AX420S」は最大204kbps(4xパケット通信時)でのデータ通信が可能となっている。
 

necins.jpg

 
AX520Nは、W-OAMに対応したNECインフロンティア製のAIR-EDGE[PRO]端末。Type II準拠のPCカード型端末で、従来の8xパケット方式対応端末「AX510N」を踏襲したデザインを採用。360度回転する可動式のアンテナを2本搭載する。ボディカラーはシルバーの金属的な色となっている。
 
 
 対応通信方式は、W-OAM対応の8x/4x/2x/1xの各パケット方式のほか、フレックスチェンジや64/32kbpsのPIAFS。WindowsおよびMac OSに対応する。
 
 
 W-OAMに対応した8xパケット通信時に、最大408kbpsの通信が可能。なお、通信速度は従来より向上するが、8xパケット通信時の消費電流は約340mA(AX510Nでは約370mA)と削減されている。
 
 
 大きさは約114.6×56.3×9.6mmで、重さが約45g。
 
 
file_NEWS_EVENT_1249_GRAPHIC05.jpg 「AX420S」は、ウィルコムのW-OAMに対応し、最大約204kbps(4xパケット通信時)の通信が可能となりました。また本体のアンテナ部には、ボタンを押すだけで自動的に立ち上がる新しいタイプのアンテナを搭載。このアンテナにより、カード本体デザインをスマートにすることに成功しました。
 
 
 ウィルコムが提供する国際ローミングサービスに対応していますので、海外(台湾、タイ)での利用も可能で、PCカードアダプタを標準添付しておりますので、CFカードスロットはもちろんPCカードスロットでも使用できます。
 
 
 『主な特長』
 1.W-OAM対応

 
 最大約204kbps(4xパケット通信時)の通信が可能となりました。またW-OAMにより、常に最適な変調方式を選択して通信します。W-OAMは、電波環境のよい場所ではより高速な通信方式を、電場環境の悪い場所ではより安定した通信方式を選択し、状況に応じて最適な通信環境を提供します。
 
 2.新しいタイプのアンテナを搭載
 
 ボタンを押すだけで自動的に立ち上がる新しいタイプのアンテナを搭載することにより、スタイリッシュなデザインのデータ通信カードになりました。
 
 3.国際ローミング対応
 
 ウィルコムが提供する国際ローミングサービスに対応していますので、海外(台湾、タイ)での利用も可能です。
 
 4.MEGA PLUS対応
 
 データ通信時の体感速度を向上させるウィルコムのサービス「MEGA PLUS」に対応しているので、より快適なデータ通信が可能です。(別途利用料金がかかります。)
 
 5.簡単セットアップ、診断プログラム添付
 
 ドライバのインストールや通信の設定が簡単に行えるセットアップCD-ROMを同梱しております。また、SII独自開発の「カード診断プログラム」も添付しましたので、通信がうまくいかないときなど、簡単な操作で原因の診断が可能です。
 
 6.位置情報通知対応
 
 基地局の情報をセンターに通知し、現在地を知らせる位置情報通知機能に対応しています。
位置情報提供会社へのお申し込みにより、位置情報通知機能を利用したサービスを利用することができます。データカードの現在地を把握できることにより、新しい業務システムの構築やパソコンのセキュリティ性を高めることが可能になります。
 
 
『主な仕様』
商品名 : 通信機能内蔵CFカード
型式 : AX420S
形状 : Compact Flash TypeExtended準拠
(PCカードアダプタ装着時 : PCカードTypeExtended準拠)
外形寸法 : 42.8×57×3.3mm
重量 : 約16g(PCカードアダプタ使用時:約39g)
使用電源 : DC5V/3.3V(CFスロットまたは、PCカードカードスロットより供給)
消費電流 : 約210mA(4xパケット通信時平均)
制御コマンド : ヘイズATコマンド準拠
通信方式 : 4xパケット方式、2xパケット方式、1xパケット方式、フレックスチェンジ方式、64kPIAFS方式、32kPIAFS方式
付属品 : PCカードアダプタ・セットアップCD−ROM・取扱説明書(保証書)
付属ソフト : ユーティリティソフト(カード診断プログラム含む)

『価格』
オープン価格

『販売開始日』
2006年3月中旬


WILLCOM

space
HOMENews BlogsWILLCOM | January 27, 2006 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> さよならAIBO ソニー娯楽用ロボット事業から撤退 >> 

ソニーが、遂にと言うべきか、やっとと言うところでしょうか、99年にロボット犬ブームを巻き起こし、ビルゲイツもネットで注文したといわれた「AIBO(アイボ)」を生産を3月末で打ち...»この話題を見る…


  Previous << FIA スーパー アグリ 「アグリ・ホンダ」F1のエントリーを承認 << 

自動車のF1世界選手権に新規挑戦を表明していた「スーパーアグリ・フォーミュラワン」(鈴木亜久里代表)に対し、26日、F1を統括する国際自動車連盟(FIA)が正式に承認を与えた。... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP