話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index Falsh >> space
space space
space
space
space
space
May 2, 2006 space
   space
space

「男前豆腐」がガシャポンに登場 5月上旬から販売

space

バンダイは、男前豆腐店の豆腐製品をチェーン付きのミニチュアフィギュア化し、カプセル玩具自動販売機「ガシャポン」で5月上旬から販売する。
 

otokomae.jpg
男前豆腐

space

 
 男前豆腐店の初のライセンス商品。「男前豆腐」「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」「喧嘩上等やっこ野郎」「喧嘩上等湯豆腐野郎」「どんどこ豆腐」「お嬢」「豆乳ロケンロー」「おたま豆腐」の8種類で、1個100円。
 

29999.jpg

 
 20代以上の男女をターゲットとし、全国の玩具売場やスーパーマーケットなどのガシャポンで販売する。
 
 
 男前豆腐店は昨年3月に設立。従来の豆腐製品の常識を覆すユニークなネーミングとパッケージ、Webサイトのコンテンツなどが話題となり、全国で1日最大7万パックを販売したという。
 
 
 同社の伊藤信吾社長は「実際発売されている豆腐が、子どものころから慣れ親しんだガシャポンになることに感動しております。このスイングひとつで始まる恋があるかもしれません。おうおう、知ってるそのトーフ! 今度豆腐パーティーやろうよっ! なんて盛り上がりを期待しております、押忍!」などとコメントしている。
 
 
 ■男前豆腐店とは
 
 2005年3月に設立。「男前豆腐」「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」など、今までの豆腐の概念を変えたネーミングやパッケージデザイン、そして濃厚な味わいの豆腐が全国で1日最大7万パックを販売するほどに大ヒット中。大手スーパーや百貨店での販売に加え、玉川眦膕娃咫Γ辰膨庄津垢皀ープンしました。また、TシャツやオリジナルCDまでも販売し、オリジナルのテーマソングが流れる同社のオフィシャルホームページは2005年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選ばれました。
 
 ■男前豆腐
 
 
 大豆の皮、敷地内で焼却 「男前豆腐店」工場長ら 容疑で書類送検

 南丹署は6日、廃棄物処理法違反の疑いで、豆腐製造販売会社「男前豆腐店」(本社・京都府南丹市八木町船枝)と、同社工場長(53)、男性従業員(57)を書類送検した。
 
 調べによると、男性従業員は3月31日、豆腐を製造する際に発生した大豆の皮などの産業廃棄物約125キログラムを同店の敷地内で焼却した疑い。工場長も同法違反(焼却禁止)と知りながら容認し、同社も管理・監督が不十分だった。焼却は、同店本社を神戸市内から同市八木町に移し操業開始した昨年8月以降、今年3月まで、手間などを省くため恒常的に続いており、容疑を認めているという。


 
 

space
HOMENews BlogsFalsh | May 2, 2006 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> ENDLICHERI☆ENDLICHERI ソメイヨシノ 初アルバム『Coward』 >> 

超人気デュオ、KinKi Kidsの堂本剛。その多岐に渡る活躍は、もはやここで語るまでもなかろう。02年には、ソロ・アーティストとしてシングル「街」でデビュー。作詞作曲を本人が...»この話題を見る…


  Previous << 「Thunderbird 1.5.0.2」公開、メールソフト15件の脆弱性を修正 << 

 Mozilla Corporationは21日、メールソフト「Thunderbird 1.5.0.2」を公開した。危険度の高い脆弱性への対応を含むバージョンアップで、Mozi... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP