話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index F1/2009race >> space
space space
space
space
space
space
November 1, 2009 space
   space
space

2009年F1最終戦 UAEアブダビGP決勝:ハミルトンがリタイア!レッドブルが1ー2体制

space

2009年F1世界選手権は、いよいよ最終戦アブダビGPの決勝レースの時を迎える。セッション開始前の気温は31℃、路面温度は34℃、湿度44%でドライとなっている。
 
 初開催となるアブダビGPは、現地時間の夕方から始まるトワイライトレースであり、スタートから徐々に日が沈み、最後は日が暮れて照明の下を走って終わるレースとなる。
 

141978.jpg

 

space

 
 現地時間の夕方から始まるトワイライトレース前に、2009年のF1サーカスを戦ったメンバーの記念撮影が行われた。今年のスタートとは入れ替わったメンバーやこれから始まるチーム移籍やシートの争いに向けた、最後の戦いに挑む。
 

142243.jpg

 
※前日の予選13位だったコヴァライネンがギアボックスの交換によって5グリッド降格となり、18番手スタートとなっている。
 
シグナルがグリーンに変わり、ポールポジションのハミルトンを先頭に各車フォーメーションラップへと向かう。全車がトラブルなくスタートできている。

ソフトタイヤを履いているのはフィジケラのみ。他のクルマは第1スティントにハードタイヤを選択している。全車がホームストレートに戻り、グリッドに並ぶ。
 

142318.jpg

 
シグナルがオールレッドになり、ブラックアウトしてレーススタート!

ハミルトンが先頭、ヴェッテル、ウェーバー、バリチェロ、バトンというグリッド順のままに各車がきれいにスタートして第1コーナーへと入っていく。

1周目 クビサがトゥルーリの前に出る。小林が後ろのライコネンを抑えて順位を守っている。

1周目を終えた時点での順位は、1位ハミルトン、2位ヴェッテル、3位ウェーバー、4位バトン、5位バリチェロ、6位トゥルーリ、7位トゥルーリ、8位ハイドフェルド、9位ロズベルグ、10位ブエミ、11位小林、12位ライコネン、13位コヴァライネン、14位中嶋、15位リウッツィ、16位フィジケラ、17位グロージャン、18位アロンソ、19位アルグエルスアリ、20位スーティルとなっている。

アルグエルスアリが14番グリッドから現在19位と大きく順位を落としている。スーティルも3つ順位を落として最後尾。逆に順位を上げたのはコヴァライネン、フィジケラで、それぞれ現在13位、16位を走行している。また、ブラウン勢は現在バトンが4位、バリチェロが5位と、スタート時から順位が入れ替わっている。

スタート時のリプレイにより、バリチェロとウェーバーが1コーナーに入るところで接触し、バリチェロのフロントウィングの翼端板が壊れているシーンが確認された。

5周目 トップのハミルトンと2位ヴェッテルとの差は1.3秒。ハミルトンが1分42秒1、2位以下はそれよりも0.2秒以上遅いペースで走行している。

6周目 トップのハミルトンと2位ヴェッテルが1分41秒台に突入。

7周目 ハミルトンは早くも1分41秒2にまでラップタイムを縮めているが、ヴェッテルもよくついていっており、2人の差は現在1.6秒となっている。

9周目 11番手を走行中の小林が、前を走るブエミから徐々に引き離されており、その差は現在4.6秒。

9周目 ウェーバーが1分40秒883のファステストラップ。

10周目 ハミルトンが1分40秒769のファステストをマーク。スタートから、上位の3人が代わる代わるファステストラップを塗り替える状況が続いている。

12周目 トップを走行中のハミルトンがコースアウトするシーンがリプレイで流れる。ランオフエリアがアスファルトなので、すぐに体勢を立て直して走行を続けている。

先ほどのハミルトンのコースアウトにより、ハミルトンとヴェッテルの差が0.9秒に縮まっている。すぐ後ろにヴェッテルがぴったりついて走っている状況。

14周目 ハミルトンとヴェッテルが0.8秒差のトップ争いをしているため、3番手ウェーバーがその後ろ2.1秒まで接近してきている。

後方では、6位クビサと7位トゥルーリの差が5.4秒、10位ブエミと11位小林の差が8.3秒と徐々に隊列が広がってきている。

後方では、6位クビサと7位トゥルーリの差が5.4秒、10位ブエミと11位小林の差が8.3秒と徐々に隊列が広がってきている。

14周目 ウェーバーが1分40秒571のファステストラップをマーク。

ウェーバーは前の2人の1.5秒にまで迫ってきている。

16周目 トップのハミルトンが1分40秒367のファステストラップをマーク。

17周目 5番手バリチェロと6番手クビサが同時ピットイン。バリチェロは再びハードタイヤで長めの第2スティントを走る模様。

18周目 ハミルトンとバトンが同時ピットイン。ハミルトンは8.6秒でハードタイヤを履いてピットアウト。バトンは10.2秒という長いストップとなった。

バトンは小林の前でコースに復帰。ここで小林とバトンのバトルが始まった。何コーナーか、小林がオーバーテイクを試みるも失敗。しかし、コーナーが連続する部分でクロスラインを利用して小林が重たい燃料を積んだバトンをなんとかかわし、前に出た。

19周目 トゥルーリ、ロズベルグ、ブエミがピットイン。

まもなくピットストップを迎えると思われるヴェッテルが、18周目に1分40秒328のファステストラップをマークしている。

20周目 暫定トップを走行していたヴェッテルがピットイン。ヴェッテルは9.3秒の給油を終え、ハードタイヤでコースに復帰。ヴェッテルはこのピットストップでハミルトンを逆転し、トップに立った。
 

141922.jpg

 
21周目 ハミルトンがここでピットに戻る。クルマにトラブルが出ている模様。そのままクルーがクルマをガレージに入れ、ここでリタイアとなった。

21周目 現在の順位は、1位ヴェッテル、2位ウェーバー、3位小林、4位バトン、5位バリチェロ、6位ライコネン、7位コヴァライネン、8位ハイドフェルド、9位トゥルーリ、10位クビサという上位陣となっている。小林とライコネン、コヴァライネンはまだピットストップを行っていない。
 
ハミルトンのリタイアの原因はまだ分かっていないが、ピットクルーがクルマの右リアをのぞき込んでいる。ハミルトンはヴァイブレーションが出ていると無線で伝えており、レース前から不調だった右リアのブレーキドラムにトラブルが出ていたことが考えられる。

また、この騒動の一方で、アルグエルスアリも第3セクターで止まっており、リタイアした模様。

24周目 2ストップのクルマが一通りピットストップを終えており、この後1ストップ作戦のクルマのピットストップが終わると、最終的な順位が占える状況となる。

25周目 小林が1分41秒563の自己ベストタイムをマーク。まだピットストップをしていないとはいえ、デビュー2戦目で現在3番手を走行している。ポイントも見えてくる順位だ。

26周目 小林が再び自己ベストタイムを更新。現在、ヴェッテル、ウェーバー、小林の3人だけが1分41秒台で走行している。

29周目 小林が相変わらず1分41秒台で3番手を力走している。国際映像もずっと小林を追いかけており、この突如レースに出場することになった新人ドライバーに世界の注目が集まっている。

フィジケラがピットストップを行っている。

29周目に小林がさらに自己ベストタイムを縮め、現在は1分41秒220。全車の中でこの周回は最も速いタイムをマークしている。

30周目 ライコネンがピットストップ。そろそろ1ストップ陣のピットストップタイムがスタートする。

ライコネンは15番手でコースに戻っている。
 

141918.jpg

 
31周目 小林がピットイン。ソフトタイヤを装着し、9.4秒でピットアウト。トンネルになっているピットロードも慎重に通過し、ブエミの後ろ、リウッツィの前の12番手でコースに復帰した。

32周目 コヴァライネンがピットイン。

バトンに対して「小林と競り合っているぞ」という無線が飛ぶ。

リウッツィとグロージャンもピットストップを行っている。

33周目 フィジケラがドライブスルーペナルティのためにピットロードを通過。ピットレーンでスピード違反があったため。

33周目 10番手の中嶋がピットストップ。

まだピットストップを行っていないのは、12番手のアロンソのみとなった。

34周目 現在の順位は、1位ヴェッテル、2位ウェーバー、3位バトン、4位バリチェロ、5位ハイドフェルド、6位トゥルーリ、7位クビサ、8位ロズベルグ、9位ブエミ、10位小林、11位アロンソ、12位コヴァライネン、13位ライコネン、14位中嶋、15位リウッツィ、16位スーティル、17位グロージャン、18位フィジケラとなっている。アロンソはまだ1回目のピットストップを行っていない。

35周目 アロンソがピットイン。アロンソは来季はフェラーリへ移籍することが発表されており、これがルノーでの最後のピットストップとなる。

36周目 トップのヴェッテルと2位ウェーバーとの差は9.2秒、その12.2秒にバトンが続いている。トップの3台の間隔がかなり開いており、この後何もなければ逆転は難しそうな状況となっている。

38周目 トップのヴェッテルだけが1分40秒台で走行中。2位ウェーバーとの差は10.4秒まで開いている。

39周目 9番手のロズベルグがピットイン。ソフトタイヤを装着し、8.1秒でピットアウト。

40周目 7番手のクビサがピットイン。9番手、小林の前でコースに復帰している。小林はソフトタイヤがあまり良くないのか、ペースがなかなか上がらない。

41周目 2番手のウェーバーがピットイン。7.6秒のピット作業でソフトタイヤを装着してピットアウト。トゥルーリの後ろ、6番手でコースに復帰している。

42周目 3番手バリチェロと4番手ハイドフェルドが同時ピットイン。作業を終え、バリチェロ、ハイドフェルドという順のままピットロードへと向かう。

43周目 トップのヴェッテルがピットイン。2番手バトン、3番手トゥルーリもピットイン。

一方、クビサとブエミがサイドバイサイドでコーナーを回り、接触。クビサはスピンして順位を落としているが、2台とも走り続けている。

44周目 これでほとんどのクルマがピットストップを終えた。現在の順位を確認すると、1位がヴェッテルで、2位ウェーバーに17秒以上の差をつけて走行している。3位バトン、4位バリチェロ、5位ハイドフェルド、6位小林、7位トゥルーリ、8位ブエミ、9位ロズベルグ、10位クビサ、11位コヴァライネン、12位ライコネン、13位中嶋、14位アロンソ、15位リウッツィ、16位グロージャン、17位フィジケラ、18位スーティルとなっている。
 
 
 アブダビGP決勝:レッドブル1ー2、可夢偉が6位で初ポイント獲得!
 
 残り8周。トップのウェーバーは変わらずいいペースで快走を続けており、2番手ウェーバーとの差は16.6秒と、セーフマージンを築いている。

残り6周 バトンとトゥルーリがそれぞれ自己ベストタイムを更新。トゥルーリは前を走る小林との差を徐々に詰めてきているが、まだその差は4.9秒ある。

残り5周 3位バトンがウェーバーに1.1秒のところまで迫っている。最後にチャンピオンによるコース上でのオーバーテイクが見られるか。

残り4周 バトンがウェーバーに肉薄するも、まだオーバーテイクのチャンスはない。

残り3周 ウェーバーが直線の手前のコーナー群でわずかにミスをし、バトンがぐっと近くまで迫る。

残り2周 小林が自己ベストタイムを更新。バトンとウェーバーのバトルも続いている。

ウェーバーがコーナーでわずかに膨らんだところで、バトンがオーバーテイクを狙うが、ウェーバーも踏みとどまる。

ヴェッテルがコントロールラインを通過し、最終ラップに入る。バトンとウェーバーは、お互いにクルマのリアを滑らせながらのバトルを続けている。

バックストレートでバトンがウェーバーのスリップストリームに入る。そのままウェーバーのテールに貼り付いたまま走行を続け、一瞬横に並びかけるも、抜くことができない。
 

141968.jpg

 
ここでヴェッテルがチェッカーフラッグを受け、アブダビ最初の勝者となった。2位争いは、ウェーバーが最後まで踏ん張り、バトンは3位となった。

デビュー2レース目の小林も健闘し、6位入賞を果たした。

2009年F1世界選手権最終戦アブダビGPの順位は、1位ヴェッテル、2位ウェーバー、3位バトン、4位バリチェロ、5位ハイドフェルド、6位小林、7位トゥルーリ、8位ブエミ、9位ロズベルグ、10位クビサ、11位コヴァライネン、12位ライコネン、13位中嶋、14位アロンソ、15位リウッツィ、16位フィジケラ、17位スーティル、18位グロージャンとなった。ハミルトンとアルグエルスアリがリタイアしている。

ドライバーズチャンピオンシップは、タイトルを獲得したバトンが95ポイント、2位ヴェッテルが84ポイント、3位バリチェロが77ポイント、4位ウェーバーが69.5ポイントという順位となった。また、コンストラクターズチャンピオンシップは、ブラウンGPが172ポイント、レッドブルが153.5ポイントでシーズンを終えている。

シーズン最終戦は、レッドブルとブラウンGPが1位から4位を独占し、今シーズンの役者がそろったトップ4でシーズンの幕を閉じることとなった。

2010年シーズンは、3月14日にバーレーンで開幕戦の決勝レースが行われる。
 

space
HOMENews BlogsF1/2009race | November 1, 2009 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> 酸水素って!?日本テクノ蠅開発した夢の液体燃料? >> 

どこにでもある水を、特殊な方法で電気分解して水素と酸素からなる「酸水素ガス」を作り、燃料などに使う試みが進んでいる。このガスには、水素と酸素がほぼ2対1の割合で含まれる。燃焼後...»この話題を見る…


  Previous << EPSON EP-802A 無線LANで家中どこからでもプリント可! << 

昨年エプソンのプリンターがデザインを一新した、「カラリオ」EP-801A 黒くて青く光るプリンターが素敵で買おうかと…一瞬考えたことがあったのですが、今まで使っていたHPのプリ... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP