話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index CarMotorcycle >> space
space space
space
space
space
space
March 27, 2010 space
   space
space

最速の自転車ロードレーサーに興味あり!選び方は?

space

自転車のカテゴリーの中でもロードレーサーとは、舗装された道路を速く走るために造られた自転車です。基本的には細いタイヤに、軽量フレーム、軽量パーツ、空気抵抗を減らすための前傾ポジション等速く走るための要素が盛りだくさんです。大きく分けて2種類のロードバイクが存在し、レースに参加するようなスピード重視のロードバイクや、快適性を重視したコンフォート系ロードバイクが存在しております。
 

28301.jpg

 

space

 
 ドロップハンドルに細いタイヤが付いた自転車は昔からひとまとめで「ロードレーサー(roadracer)」と呼ばれていましたが、誰もがレースに出る訳でもないので最近は「ロードバイク(roadbike)」とも呼びます。
 
ツール.ド.フランスを見て感化された訳ではありませんが、最近週刊マガジンにマンガで掲載されたりしているのを見て、学生時代の通学路を思い出して再び乗ってもいいかも!?と簡単に考えてみたり、最近の運動不足を理由に始めて見ようかと言い訳を考えています。街中でもマウンテンバイクに乗って圧倒的なスピード差で自動車をブチ抜くのを目にして、興味の持ちはじめているのは事実です。調べてみるとその奥深さと、一番の魅力は何と言っても自転車カテゴリの中では、一番のスピードでしょう。
 
レース向けはサドルの位置がハンドルより明らかに高いのに対し、コンフォート系はハンドルの位置が高く、近く設定されている傾向があります。レース向けロードバイクは前傾姿勢が深く、長距離を速く走るための設計が施されております。
 
コンフォート系はハンドルの位置だけではなく、使用するパーツや、フレーム設計など、快適に乗るために工夫されています。レース向けは反応の良い軽快な走りの味付けで、コンフォート系は安定性を重視している味付けの商品が多い傾向があります。
 
 
 乗り手の体力や使用目的に合ったものを選ぶ事が重要なんです!
 
 ロードレーサーは、時速30〜40kmぐらいで走り続ける事も可能で、1日で走れる距離が100km〜200kmぐらい走り続ける競技が主流となっています。鈴鹿ロード等のレースに参加したり、なまった体を鍛える為に休日トレーニングしたりと目的は色々ありますが、最近多いのはマウンテンバイクがあっても、近所に実際には走る場所がないので、街中で舗装路であれば颯爽と走ることが出来るロードレーサーに乗る方が増えているようです。
 

shirtl_1000.jpgshirtsl_1000.jpg

 
 さて!〜ロードレーサーの選び方なのですが、将来的なものも含めた使用目的とデザイン、ブランドイメージ、そして予算が大〜きく関係します。まず使用目的と予算が関係するコンポーネンツ(変速機やブレーキ)の事なのですが、このコンポと車体のフレームのグレードと価格で自転車の値段はほぼ決まってしまいます。
 
コンポの世界で2台ブランドが日本のシマノとイタリアのカンパニョーロでシマノのコンポのグレードは上からデュラエース、アルテグラ、105、ティアグラ、ソラと5種類あります。
 
このグレードの順番で価格がデュラエース=高級、105=普通、ソラ=普及品となるわけです。高級になっていくとどうなるか?まず軽量になり、何100g軽くなっていきます。
変速機はリニアに「バシバシ」変速していきますし、ブレーキは「メチャ」効きます。あと仕上げ、輝き方が高級になり、もちろんパーツの耐久性も向上していきます。
 
デュラエース、アルテグラがレース志向、軽さにこだわる、とするなら105、レース初級、ツーリング向き、ソラはシティーライドと言う感じですかね。ソラ以外は9段変速になっていますから将来的にパーツのグレードアップを考えている方は互換性の事もあるのでティアグラ以上のものがお勧めです。
 
ss_roadlimited_1000.jpg

 
 ロ−ドレ−サ−(ROAD RACER)街乗りのすすめ。
  
 スポーツバイクの中でも特に歴史の長いロードレーサー。乗ってる方はもちろんご存知でしょうが、乗った事のない方は「一体これでどこを走るんや?」と疑問を持ってる事でしょう。
 
その名のとうりロードレーサーは競技用です。発祥はヨーロッパです。ヨーロッパで頂点にはツールドフランスと言う1ヶ月にも及ぶ過酷なレースがあります。競争を目的とはしてますが、通勤、通学、休日のサイクリングなどにも最適です。とにかく舗装された道で一番速くラクに走れるのがロードレーサーの特徴です。
 
 始めてロードレーサーに乗った人は誰もが驚きの声を上げるでしょう。
 
 「こんなに簡単にスピードの出せる自転車があったんかぁ!!」と。同じ人が軽いクロスバイクと乗って比べた場合は「絶対に」ロードレーサーの方が軽く早く走る事が出来ます。
 
最近はフレームやパーツの軽量化が進み普通に買える値段で、赤ちゃんと同じ体重と考えると片手でもモテる 8Kg 代のものが手に入るようになりました。と、共にフレームもクロモリ(鉄)からアルミが主流になり従来の華奢なルックスから太いダウンチューブ等の採用によりルックス的にはより力強くなり、しかも走るのは軽い!!しかも依然なら考えられないような自転車が普通に買える値段で売ってるという幸せな時代になってしまいました。
 
 ドロップハンドルに抵抗のある方が多いようですが、慣れれば一番ラクに走れる形ではないかと思えるハズです。しかも最新の変速レバーはブレーキレバーと一体化しているのでハンドルから全く手を離さなくても変速出来るので走行時にもかなり安全性になっているのです。ひと昔前の自転車とは全く違う景色が見えるとイメージしてみてください。
 
ちなみにロードレーサー(road racer)を通勤用に使う場合は700-28cにすると普通車並に歩道を行ったり来たり出来ます。が、漕いだ重さはクロスバイクなみになりますが、クロスバイクよりは軽く速く走る事が出来ます。
 
 ロードレーサーを通勤にも使いたいとお考えなら、通勤用に700-28cのタイヤで走るのがいいでしょう。振動など車体の操作が快適です。
 
 ※ロードレーサーは21世紀になってから?大きくフレーム形状が変わりつつあります。メーカー、車体によりばらばらです。従来のシートチューブ長(フレームサイズ)よりもホリゾンタル換算(地面と平行)でのトップチューブ長で サイズを考えるほうがよろしいと思います。ご確認ください。また、フラットバーロードやクロスバイクは設計がまちまちです。その車種によりサイズが変わります。
 
 まず、自転車・ロードバイクの車体の選び方ですが、色々例外もあるのですが、
 
 「短距離から中距離用で、剛性が高い→アルミフレーム」
 「長距離に向いていて衝撃吸収性が高い→カーボンフレーム」
 
fuga_1000.jpg

 
 □ 自転車の選び方 □
 
  〕囘咾鮃佑┐襦
 
 1.街乗りオンリー
 2.街乗り+サイクリング
 3.街で遊びたい(1.2を含む)または、ツーリングに出かけたい。
 4.戦いたい レースにもでたい。
 5.勝ちたい ゼッケンつけて勝利する自分の姿が浮かぶ。

 
 =============
 1.街乗りの場合
 基本的に何でも良しとなります!デザインと予算と相談です。
 MTBもよし、折りたたみも良し。クロスバイクなんてお勧め!
 通勤ならMTBにスリックタイヤかクロスバイクなんぞ決定版!
 フラットバーロードも車体が軽く、街の中を風を切ってはしれます!
 速さと軽さならロードレーサーです。舗装路最速?人力の問題?

 2.街乗り+サイクリング
 MTBですが、出来ましたら車体定価:59,800円くらいからがお勧めです。
 MTBのコンポレベルがこのあたりからMTBらしくなってきます。

 3.街で遊びたい
 車体定価:89,800円くらいからがお勧めです。
 コンポレベルが上がると精度と、強度、耐久性が上がります。

 4.5 がんばりましょう。
 コンポ以外にもサスペンション、フレーム、ホイールなどのパーツのグレードが
 あがります。軽量化も進んできます。もしくは強度が上がります。
 フレームの違いは20万クラスから出てきます。
 
 ◆〕住擦魴茲瓩

 どうしても、つきまとうのは予算です。
 ただ、用途により予算をがんばらなければいけません。
 
 基本的に自転車は『ブランド料』というもはあまりありません。
 変速機だけ見てこのブランドはコストパフォーマンスが高いとか
 低いとかありますが、変速機だけにお金をかけているのではなく
 その分、フレームや、フォーク、ホイールにお金を掛けているブランドもあります。
 ※メーカーによって、仕切り値が違うので値引きできないブランドもあります。
 
 □ 自転車の重量 □
 
 この自転車の”重量”は非常にポイントです。
 ただ、自転車は 重量=価格です。
 
 ときどき、『軽くて安い奴』といわれますが、それがもっとも理想ですが、
 軽い=値段が上がるが基本です。だから、メーカーによっては重量を伏せます。
 
 ロードは10キロは軽くない領域です。ファンライドなら問題なしね。
 6キロ台は夢の領域?です。
 
 □ ロードバイクのサイズについて  □
 
 近年、ロードバイクのフレーム設計が大きく様変わりしてきました。巨大な外国人選手が、どうみてもちっちゃそうな自転車を全力でこいでいるなど、スローピング(トップチューブがぐいぐいっと下がっている)、ホリゾンタル(トップチューブが水平、上がっている)などばらばらで、車体によりかなり変わります。
 
例えば、身長が170センチでしたらジャイアントのロードなら 440mmや465mmが適応ですがスコットのロードなら520mm、GIOSなら490mm、コルナゴなら480S・・・とざっくりこんな感じです。一様に身長だけでなく手足の長さ、胴の長さ、指、顔、あごの・・などなどからだのパーツの長さでも変わってきます。
 

f-sizu.jpg

 
 .肇奪廛船紂璽崢垢サイズ選びの目安と思っていただければよろしいかと思います。
 
 体にあわせたバイク選びが重要といわれたりしますが・・・ロードレーサーの場合車体に合わせた体作りとも間違いなくいいます。車体に、体をならすのです。ママチャリ一筋だった方がロードになると間違いなく前傾がきついと思われます。
 
 前傾姿勢で乗るのがロードレーサーです。
 
 あとは・・用途です。レース、ファンライド、通勤、サイクリング、キャンプ、さかなつり、重量あげロードレーサー(速く、軽く、遠く)、クロスバイク(安定、ゆったり、丈夫)、フラットバー(速く、軽く、ゆったり)なのか・・用途によってお選びいただくとよろしいかと思います。
 
近年、ロードバイクの完成車がざっくり S/ M / L の3サイズだったりします。非常にざっくりですがカタログ表記で トップチューブ長で (地面と平行:ホリゾンタル換算/仮想値の部分)が
 
 身長 165センチ前後 : 520mm前後 515mm-525mm
 身長 170-175センチ : 535mm前後 530mm-540mm
 身長 175-180センチ : 550mm前後 540mm-560mm
 
 いろいろえろえろ持論があると思いますが、近年の完成車の目安です。
 
 ロードレーサーのトップチューブ長
 (A+B)÷2+100-ステム長=ホリゾン トップチューブ長
 A:鎖骨外側から、手のひらのハンドルを握る部分までの距離
 B:左右の鎖骨の付け根と股下までの距離
 ※あくまで目安です。用途によります。通勤の方のポジションでない。
 ・・・・多分、ひとりでは確実に間違った数字がでます。。
 ・・・ステム長=身長÷4+195-トップ長(ホリゾンタル)
 
 (腕を真横に伸ばし中指から中指の先の距離)÷4+195−ステム長=ホリゾン トップ長
 股下の平均=身長÷2÷1.1 ・・・らしい。
 サドル位置: 股下×0,875 (0.870 や0.885 0.893 などなど。。一応まず、0.875)
 
 ※あくまで目安です。用途によります。コンビニにいく姿勢ではない。
 →フレームシートチューブ長をひけば、シートの突き出しがざっくりでます。
 
 ステム長:長い/重心が前へ 短い/重心が後ろへ 
 移動することになるため極端な選択はしないのが一般的 通常 100mm前後
 
 クランク長: 身長÷10といわれるが・・・
 あくまで目安 180センチの方が180mmクランクではないです。
 
 ※基本は股下です。
 股下 74儖焚次165mm 81儖焚次170mm 81儖幣紂172.5

 長いほうが出力が上がる。条件によって。案外これも永遠の課題。
 ・・・といっても完成車はほぼ170mmクランク装着。一部 大きめのサイズで175mm
 

space
HOMENews BlogsCarMotorcycle | March 27, 2010 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> 最速のロードレーサー SCOTT PLASMA LIMITED 2010 年モデル >> 

自転車の最速カテゴリーロードレーサー。その中でも屈指のスピードを誇るスコット・プラズマ SCOTT PLASMA LIMITED 2010 年モデルは、能力を具現化するとこんな...»この話題を見る…


  Previous << 松井秀喜伝説!ファールでオーナーのベンツを破壊! << 

松井秀喜開幕マイナーか?と今日のニュースで話題になっていました。松井秀喜がオープン戦で初の本塁打の直前に放った痛烈なファウルが…右翼後方の駐車場にあった球団オーナーのモレノ氏の... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP