話題のナレッジベース | Knowledge Base Weblogs space
HOMEBlogs index ScienceSpace >> space
space space
space
space
space
space
February 15, 2009 space
   space
space

月の最高峰は10腺沓毅娃蹐離レーター!科学誌サイエンス特集号に掲載

space

宇宙航空研究開発機構の月探査衛星「かぐや」の観測データをもとに、国立天文台の荒木博志助教らが月の全球にわたる地形図を世界で初めて作製。最も標高が高い地点は月裏側の巨大クレーターのふちにある山で、従来の観測よりも約3キロ・メートル高い10・75キロであることがわかった。最も低い地点は深さ9・06キロだった。13日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 

covermed.gif

space

 
img_magazine01.gif 研究チームは、かぐやから発射したレーザーが月面で反射して戻るまでの時間をもとに高度を分析。平均5〜6キロ・メートル間隔で、全球の約677万地点を観測したデータをもとに地形図を作った。従来の地形図は観測が27万地点に限られ、極地域のデータが欠けるなど不完全だった。
 
 
  かぐやはレーダーで約677万地点の高度を観測。従来、一部が欠けていた極点付近を含む、月面全体の地形図を作製した。最高地点はエベレストをしのぐ高さ約1万750メートル、最低地点は深さ約9060メートルと分かった。地形図は、将来建設される月面基地の候補地決定などに使われる。これらのデータから、月が誕生してから現在の地形に至るまでの過程を検証することが可能になる。
 

「かぐや」の観測による月面裏側の地形図
 
kaguya_moon_map01.jpg

 
月の最高地点(黒丸印)は赤道近くのクレーターの縁で、最低地点(白丸印)は南極近くの重なったクレーターの底だと分かった。
写真は宇宙航空研究開発機構・国立天文台提供

 
 科学誌サイエンス特集号には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や国立天文台などの論文4本が掲載。かぐやが月の裏側で撮影した「モスクワの海」の鮮明な写真が表紙を飾った。地形図からは日当たりの状況などもわかり、太陽光発電に適する月面基地の候補地探索などに貢献するという。
 
 
 論文では、レーダー観測で深さ約2キロまでの地下構造を分析し、28億4000万年前以降も月全体の冷却による収縮が続いていたことを明らかにした。このほか、初めて直接計測された極半径など月の基本形状の観測成果や月の裏側の重力分布、過去のマグマの噴出活動についても論文で報告されている。
 
科学誌サイエンス
 
 
 かぐやからの「地球の入り」ハイビジョン映像は感嘆の綺麗さ!
 
071122_03.jpg

 
「かぐや」画像ギャラリー
 
月探査機「かぐや」打ち上げ=アポロ以来最大を種子島からライブ中継
JAXA「かぐや」高精度な月面地形図を公開
アポロ探査車確認はできない!?月探査衛星「かぐや」
月の最高峰は10腺沓毅娃蹐離レーター!科学誌サイエンス特集号に掲載
 

space
HOMENews BlogsScience Space | February 15, 2009 |  twitter Livedoor Buzzurl はてな Yahoo!ブックマーク人が登録
space


space Entries of this Category
space

  Next >> 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第19話『 イノベイターの影』ガンダム00再び! >> 

混乱する戦況の中、ルイス(声・斎藤千和)の機体を探し求める沙慈(声・入野自由)。現れたヒリング(声・川庄美雪)との交戦時、刹那(声・宮野真守)はツインドライヴの力を解放させ、加...»この話題を見る…


  Previous << 「ニコチンのないタバコ」栽培可能になる? << 

タバコの葉にニコチンを蓄積させる働きを持つ遺伝子を、京都大学生存圏研究所の矢崎一史教授(植物分子生物学)らの研究チームが初めて突き止めた研究成果が、20日発行の米国科学アカデミ... »この話題を見る…


space
space
Welcome to knowledgeBase  Blogs  ▲TOP